健美家/東京23区・高利回りランキング、足立・葛飾・江戸川がトップ3


 投資家向け物件情報サイトを運営する健美家(東京都港区、倉内敬一社長)は3月23日、サイト上に登録された新規物件を対象に「区分マンション 東京23区 投資利回りが高い区ランキング」の調査を発表した。

 今年2月までの半年間に同サイトに登録された23区の物件の表面利回りと価格を区別に集計したところ、利回りが最も高かったのは足立区の8.94%となり、葛飾区(8.64%)と江戸川区(8.30%)が続いた。利回りが8%を超えたのは上位3区のみだった。城北・城東エリアに高利回りが集まっている中でも江東区や墨田区、台東区を見ると、城西・城南の利回りよりも低下している。東京オリンピックの開催が控えていたり、東京スカイツリーや浅草といった全国区の観光スポットを抱えて物件価格が上昇し6%台前半の利回りとなっている。

 反対に最も利回りが低いのは千代田区(5.67%)、中央区(5.70%)、港区(5.75%)の都心3区だった。平均価格も高く港区は2500万円を超えた。

 同調査の平均築年数は19年8カ月。


公開日: 2016年3月23日