税理士法人エスネットが小田急不と提携で相続の訪問サービス開始


 税理士法人エスネットワークス(東京都千代田区、須原伸太郎代表理事)は4月1日から小田急不動産との提携で新たに「相続相談の訪問サービス」を開始する。完全予約制で毎週金曜日にサービス提供。相談を受ける週の月曜日までに予約した顧客が指定する場所に足を運んで不動産や税金にかかわる内容をはじめ、節税や納税資金の対策など幅広く対応する。原則無料で受け付ける。

 エスネットは来店型の窓口として「相続ハウス」を運営し、小田急不では「住まいのプラザ」を展開して不動産の売買・賃貸物件の仲介、新築分譲住宅「リーフィア」の紹介、リフォームや注文住宅といった住まいに関するサービスを提供している。


公開日: 2016年3月24日