リノべると東急電鉄が一棟リノベ事業で業務資本提携を締結


 中古住宅再生のリノベる(東京都渋谷区、山下智弘社長)は3月29日、東京急行電鉄(東急電鉄)と東急線沿線の住宅市場活性化を目的に一棟リノベーションマンション事業で業務・資本提携を締結した。リノべるは東急電鉄から数パーセントの出資を受け、取得した物件情報を東急電鉄に提供する。連携で取得したリノベ―ション物件の商品企画と販売も共同で検討する。

 提携によって東急電鉄は仕入れ物件の情報ネットワーク拡大と企画力、事業検討スピードの向上につなげ一棟リノベマンション事業を強化する。リノベるは、東急電鉄のブランドと資金力を活用することで同社単体では難しかった一棟リノベ事業を推し進める。


公開日: 2016年3月30日