三井不リアル/日本橋に地域貢献型駐車場、地元商店街と連携して情報発信も


 三井不動産リアルティは4月4日、地域貢献型駐車場のモデル事業地として「三井のリパーク」日本橋人形町通り駐車場(7台)をオープンした。駐車場からの情報発信により街や店舗に送客するのがコンセプト。事業地内にはタッチパネル式デジタルサイネージを活用し、人形町商店街協同組合と連携して散歩コースや買い物マップといった情報を発信する。将来的には観光客向けに英語と中国語などの外国語での情報発信も検討していく。

 同社は「安心・安全」「先進性」「環境配慮」「災害支援」の4つをキーワードに社会インフラとしての駐車場整備を全国に導入していく。


公開日: 2016年4月5日