リーウェイズ/東京23区の賃料予測サービス「駅カタログ」始動


 不動産投資特化のプラットフォームを提供するリーウェイズ (東京都渋谷区、巻口成憲社長)は13日、東京23区各駅の賃貸マーケットの特性や将来の賃料を予測するツールとして「駅カタログ」の提供を始めた。

 運営する「Leeways online」上で、都内23区の38の路線、延べ500を超える駅データを順次提供する。現在はJR山手線、JR中央本線、JR中央線(快速)、JR中央・総武線東武東上線、東武亀戸線、西武池袋線、西武有楽町線、西武新宿線、JR総武本線、JR常磐線、JR埼京線、JR成田エクスプレス、JR京浜東北線のデータを公開している。


公開日: 2016年4月13日