インベスターズクラウド、京都で民泊向け戸建て開発


新築アパート経営に特化したサイト「タテル」を運営するインベスターズクラウドは12日、京都市で同社初となる民泊物件の開発に着手した。中京区御供町に町家風の戸建てを建設し、16年12月の完成を予定する。

京都市は米大手旅行雑誌で2年連続世界一魅力的な観光都市に選ばれ、インバウンドをはじめとして年間5000万以上の観光客を集める。一方で宿泊施設が不足しており、民泊の需要があるとして開発を決めた。


公開日: 2016年5月17日