武蔵コーポ/ファイナンス会社を新設、投資家向けサービス


 収益物件の売買仲介を手がける武蔵コーポレーション(さいたま市、大谷義武社長)は6月6日、「武蔵アセットファイナンス」を設立した。投資家向けの新サービスとして、購入時の自己資金や所有物件のリフォーム費用に対する独自ローンを提供する。新会社は東京・丸の内に置いた。

 同社は、北関東エリアを中心に中古収益物件の売買と賃貸管理をワンストップで展開し、5月末時点の管理戸数は7222戸と埼玉県で4位、売買棟数は600戸の規模となっている。


公開日: 2016年6月6日