リブセンス/人工知能で不動産会社を紹介


 求人情報などを手掛けるリブセンスは8月18日から不動産情報サービス「IESHIL(イエシル)」(β版)にAI(人工知能)を導入し、不動産会社を紹介する新たなサービスを始めた。人工知能が不動産会社の強みや仲介実績など80項目にのぼるデータを分析し、各々のユーザーに適した不動産会社を選定。これまでの対面サービスに加え、人工知能を使い「AIアドバイザー」サービスとして東京23区内でスタート。ユーザーが売買の種別や物件エリア、広さ、金額などを入力するだけでニーズに合った不動産会社を最大3社紹介する。


公開日: 2016年8月18日