武蔵コーポレーション/全社員対象に奨学金返済を上限なく支援


 収益不動産の売買仲介・管理の武蔵コーポレーション(さいたま市、大谷義武社長)は9月1日から、すべての正社員の奨学金の返済を上限なく支援する「奨学金支給支援制度」を導入する。月々の奨学金の返済相当分を毎月3万円まで給与に上乗せする。総支給額に上限はない。新入社員だけでなく、現職の社員にも適用する。

 4年生大学生の半数以上、大学院生の6割以上が日本学生支援機構や大学などの奨学金を受給している中、返済を3カ月以上滞納している人も少なくない。滞納者はクレジットカード利用が制限されたり、住宅ローン審査が通過しなくなるといった影響が出る例もあるため、こうした人たちに同社の取り組みを知ってもらうとともに、優秀な人材が経済的・心理的な負担なく就業できる環境整備を目指す。


公開日: 2016年8月18日