東京カンテイ/中古マンション価格、東京連続上昇ストップ


 東京カンテイは8月24日、三大都市圏・主要都市別の中古マンション価格動向をまとめた。7月の首都圏は、前月比0.6%増の3494万円と7カ月連続で上昇したが、都県別で見ると、東京都が4786万円(同0.1%減)と上昇に一服感が生じ、連続上昇が24カ月でストップした。神奈川県は2696万円(同0.1%増)とほぼ横ばい、千葉県は築浅が減ったことで1857万円(同1.0%減)となった。一方、埼玉県は前の月に比べ1.6%上昇の2096万円となった。さいたま市が押し上げた。

 東京23区も弱含み前月比0.2%減の5279万円となって天井感が強まっている。都心6区(千代田・中央・港・新宿・文京・渋谷)は7185万円と小幅ながら上がった。城南・城西6区(品川・目黒・太田・世田谷・中野・杉並)は3カ月連続のマイナスだった。


公開日: 2016年8月24日