国交省、税制改正要望と予算概算要求まとめる


 国土交通省は、2017年度の税制改正要望をまとめた。不動産ストックのフロー化による投資促進や住まいの質の向上・無理のない負担での住宅確保、都市の競争力・魅力の向上などを主要項目に掲げた。ストックのフロー化では、一定の区域内の低未利用地を取得する際に登録免許税と不動産取得税を軽減する特例を創設した。

 予算の概算要求は、前年度当初予算比15%増の6兆6654億円を計上。コンパクト+ネットワーク形成や空き家対策の推進、既存住宅流通・リフォーム市場の活性化、子育て世帯や高齢者が安心して暮らせる住まいの確保などで前年度から積み増した。


公開日: 2016年8月29日