信義房屋不動産/台湾大手の仲介会社、9月16日大阪支店オープン


台湾大手の不動産仲介会社である「信義房屋仲介公司」の日本法人が関西に進出した。信義房屋不動産(東京都渋谷区、何偉宏社長)は9月16日から「大阪支店」の本格営業を開始する。同社は、2009年の日本進出以来、台湾の富裕層などにマンションをメーンに売買仲介しており、15年の取扱高は東京都心5区を中心に354億円と過去最高を記録した。日本第2の都市である大阪エリアについても以前より多くの顧客から購入希望があるなど引き合いが強かったことで大阪支店の開設を決め、業務の効率化と顧客サービスの強化を図る。今後は、海外富裕層にとどまらず、日本人向けの売買仲介にも注力する。


公開日: 2016年9月15日