東急リバブル/マンション売却サービスに不用品処分など追加


東急リバブルは10月から「マンション売却プレミアムサポート」に不用品の処分などの新サービスを追加した。同サポートは、水回りの無料クリーニングや壁紙・床の無料修繕、空き家基幹の管理費などの半額負担などを提供してきたが、「不用品のコストシェアリング」「運び出しサポート」「スペースメイキング」の3つのサービスを追加した。

コストシェアリングは、行政が取り扱う粗大ごみの処分費用と家電リサイクル費用を同社が最大5万円まで負担する。運び出しは、大型家具・家電などの粗大ゴミをマンション敷地内に指定された場所まで専門のスタッフがサポートする。両サービスとも首都圏・関西圏のほか、札幌、仙台、名古屋、福岡の営業可能エリアで展開する。

スペースメイキングは、東京23区の居住用マンション(事業用・賃貸用除く)を対象に書籍や衣類といった荷物を指定ダンボール4個まで最長6カ月間保管できる空間を提供する。運び出しサポートとともに運搬作業はサカイ引越センターが行う。

従来のハウスクリーニングなどと合わせて、マンションを手狭に感じさせない新サービスを導入することでスムーズなマンション売却を支援する。


公開日: 2016年10月3日