世界の都市総合力ランキング、日本は初の3位に浮上


森記念財団都市戦略研究所(所長・竹中平蔵東洋大学教授)がまとめた「世界の都市総合力ランキング」2016年によると、2008年の調査開始以来8年連続して4位だった東京が、初めて3位になった。

1位はロンドン、2位はニューヨークと前年までと変わらず。4位には前年3位だったパリ、5位はシンガポールだった。

東京は、海外からの訪問者数の増加などで文化・交流のスコアを伸ばしたほか、円安の影響で物価水準、賃貸住宅賃料が下がり居住スコアを伸ばした。羽田空港の国際化で交通アクセススコアも改善した。経済分野では法人税率引き下げが好影響を及ぼした一方で、他都市の台頭と為替によりGDPが落ち込みトップを維持したものの、スコアを落とした。

パリは、研究・開発のスコアを落としたほか、来訪者数が減少するなどテロの影響を受けた。

調査は、経済、研究・開発、文化・交流、居住、環境、交通・アクセスの6分野70の指標を用いて、世界42の主要都市の総合力を算定している。


公開日: 2016年10月18日