大東建託、軟弱地盤対応の新基礎


大東建託は1日、軟弱地盤に対応できるオリジナル基礎工法「DK-フロート工法」の採用を始めた。基礎下の地盤を土木用発泡スチロールブロックに置き換え、地盤への建物重量の負担を軽減し支持力増強と地盤沈下を抑制する。


公開日: 2016年11月10日