国有地と一体化しマンション建て替え/三菱地所レジデンス


 三菱地所レジデンスが参画する「メゾンドール早稲田」マンション建て替え事業のマンション建替組合が新宿区から設立認可を受けた。国有地を隣接施行敷地にした国内で初めてのマンション建替え法による事例となる。

 同社は2009年に事業協力者に選定を受け、敷地南側に隣接する国有地(国家公務員宿舎)と一体敷地での建て替えに向けて、土地買収が困難な管理組合に代わって国有地を取得した。今年2月には建て替え決議が成立し、建て替えに向けた準備を進めていた。


公開日: 2016年11月30日