地盤ネット総研/新サービス「いい地盤の物件」だけ掲載するサイト


 地盤ネット総合研究所は2月28日、不動産ポータルサイト「JIBANGOO(ジバングー)」に新たなサービスとして、地盤の安全性を消費者が確認できる機能を追加した。「いい地盤の物件」のみを掲載する業界初の試み。

 不動産価値は、一般的に路線価や立地、利便性といった要素で決まることは知られているものの、価値基準に地盤の安全性が考慮されていないとして導入した。地盤沈下のほか液状化や土砂災害、水害などのリスクが小さく、地震があっても揺れにくい地盤を「いい地盤」とみなす。

 地盤ネット社の地盤調査、建物基礎仕様判定に加えて、公共データに基づいた液状化、土砂災害、地震による揺れやすさ、浸水リスクの5項目を各20点満点で総合評価し、80点以上を「いい地盤の物件」と認定する。

 ジバングーのトップページから無料で利用できる。会員登録すると、閲覧時に希望地での物件が見当たらなくても後からメールで情報を知らせてくれる。


公開日: 2017年3月1日