東急リバブル/賃貸物件向け内覧で仮想現実を導入


 東急リバブルは3月10日から賃貸物件の消費者向けサービスとして「VR(バーチャルリアルティ)内見システム」を一部の賃貸仲介店舗に導入する。物件紹介図面に添付しているQRコードを読み込むことで、いつでもモバイル端末から室内のパノラマ画像が閲覧できる。同システムでは自分の動きと連動し、室内を移動しながら全方向の空間を仮想現実で体験できる。現地を内覧している感覚で入居後をイメージしてもらう成約につなげる。物件によって昼と夜の室内画像を用意するなど、サービス内容の拡充と導入店舗の拡大を検討する。初弾として青葉台センター、三軒茶屋センター、横浜センターに導入する。


公開日: 2017年3月6日