国交省、下請け代金支払いでガイドライン改訂


 国土交通省は3月29日、建設業法令順守ガイドラインを改訂し、50年ぶりに下請け代金の支払い手段に関する通達を見直した。下請中小企業振興法に基づく振興基準などの改正を踏まえて、下請け代金をできる限り現金払いにするなどの項目を追加した。

 今回の改訂では下請け代金の支払い手段の項目を追加。現金支払いの推奨のほか、手形による場合は割引料を下請け事業者に負担させないよう十分に協議することと、手形期間は120日以内とし、将来的には60日以内とするよう努力することを求めた。


公開日: 2017年3月31日