野村不アーバン/ノムコムに家探しに仮想現実を導入、レコメンド機能も


 野村不動産アーバンネットは4月11日、不動産情報サイト「ノムコム」の新機能として「3Dウォークスルー動画機能」と「レコメンド物件メール配信」の2つのサービスを開始した。いずれも住宅購入検討者をICT(Information and Communication)で支援し、住宅の売買活性につなげる。

 3D動画は、立体的な高画像によって内覧して歩いているような仮想現実を提供する。スマートフォン専用のアプリケーションをインストールして専有のゴーグルにスマホをセットして使う。サイト内で閲覧したい箇所をクリックするとスムーズに画像が移動し、あらゆる角度から自由に物件内覧ができる。真上からの間取り図でも確認できる。

 レコメンド物件では、あらかじめ条件を絞り込むことなく、閲覧履歴をもとに機械が学習で希望条件を想定するのが特徴。購入希望者が自身では気づかない希望条件を導き出す可能性がある。エリアや駅距離、間取りといった条件を設定し、それにあった売り出し物件情報とは違う効果に期待する。


公開日: 2017年4月13日