東急リバブル/2018年度の新卒採用、宅建士資格保有者など一次面接免除


 東急リバブルは、2018年度新卒採用の選考から新たな制度を導入する。「宅地建物取引士の有資格者」と「No1,経験者」の学生について一次面接を免除する。No1経験者とは、スポーツ大会での優勝や芸術での最優秀賞など領域を問わずに秀でた結果を持っている人を指す。
 同社では、学生が能動的に会社を選択できるよう昨年度から学生主導の選考を導入しているが、今年から通常の採用手順に加え、宅建有資格者、No1経験者の3ルートから採用する。学生は、自分の経験や意欲、強みなどをアピールできるルートを選択しエントリーできる。採用競争が激化する中で、より多くの学生に興味を持ってもらい優秀な人材の確保を図る。


公開日: 2017年4月20日