週刊住宅のご案内


知りたい情報 すばやくキャッチ!

「週刊住宅」は、住宅・不動産の専門情報紙として昭和35年に創刊、以来一貫して住宅・不動産の需給動向にスポットをあて、常に半歩先行くホットな情報をお届けしてまいりました。今後とも来るべき未来を見つめて、的確な最新情報を提供し続けたいと願っております。

媒体資料(PDFファイル)

週刊住宅が創る新潮流

1面/特別企画 業界の最新の話題や動きに専門紙ならではの視点でアプローチする大型企画記事を毎週お届けし、中小から大手まで住宅・不動産業界の“今”に迫ります。旬のテーマや経営トップに編集部が一丸となってアプローチする長期連載企画も好評です。
2面/行政 一般紙や経済紙・誌では報道されることの少ない業界にかかわる行政の動きをはじめ、これからの政策の方向性を分かりやすく伝えます。記者が日ごろの取材を通して感じている業界の課題・問題点を提起する「視点」も連載中です。
3面/地域総合・団体 記者が足で稼いだ現場の声をもとに、地域の住宅・不動産業者のビジネスに役立つ大型の企画記事をお送りします。また、業界の声である全国組織団体の動きや政策要望なども併せて掲載します。
4面/オーナー・投資家 アパートや賃貸マンションで資産運用する不動産オーナーや、不動産への投資を検討する個人投資家に役立つ情報とノウハウをお伝えします。投資商品選びや空室対策などに悩む個人投資家はもちろん、不動産オーナーと接点を持つ不動産会社にとっても営業ツールとして役立つ情報が満載です。
5面/賃貸管理・コンサル ストックビジネスとして拡大が続く賃貸仲介・管理やプロパティマネジメントの動向をはじめ、不動産オーナーの相続対策や有効活用提案といったコンサルティングの実践例など日常の不動産ビジネスに役立つヒント満載のホットな情報をお伝えします。賃貸管理の現場を伝える「助けてクマさん!」の連載も好評です。
6面/不動産流通・コンサル 個人向け・法人向けを問わず、売買仲介をメーンにコンサルティング仲介やリフォーム仲介、リノベーションビジネスなど、進化し続ける不動産流通業界の今をお伝えします。流通ビジネスに不可欠になったインターネット営業や、市場の把握に欠かせない各種のデータも充実しています。
7面/エリアマーケット 地域に密着した開発情報や業者の動きをはじめ、地方自治体の施策や地域業界団体の動向をお伝えします。首都圏の地域・業界動向を伝える「NEWSフラッシュ」や、実務に役立つホームインスペクション、米国不動産投資などの連載も好評です。
8面/実務・資格・法律 今日からの不動産ビジネスに即役立つ実務ノウハウや、とっつきにくい法律や税制を専門家が分かりやすく解説する連載コーナーです。宅地建物取引主任者資格試験の過去問や予想問題のポイントを絞って解説する資格コーナーは受験者に必読です。
9面/住宅・リフォーム マンション分譲や建売住宅、賃貸事業、施設運営など開発・分譲事業の最新事情や商品トレンド、各分野のマーケット動向をはじめ、デベロッパーの経営や不動産証券化の今にも見開き2ページでアプローチします。住宅ジャーナリスト・櫻井幸雄氏がマンションの販売現場を足で取材した現場レポート「先端を読む」は週刊住宅でしか読めません。
10・11面/不動産開発・証券化・経営 マンション分譲や建売住宅、賃貸事業、施設運営など開発・分譲事業の最新事情や商品トレンド、各分野のマーケット動向をはじめ、デベロッパーの経営や不動産証券化の今にも見開き2ページでアプローチします。住宅ジャーナリスト・櫻井幸雄氏がマンションの販売現場を足で取材した現場レポート「先端を読む」は週刊住宅でしか読めません。
12面/文化・企業・ひと 住宅・不動産業界にかかわる文化や話題のプロジェクト、さらに街の歴史や業界人の素顔などバラエティー豊かな企画記事をお送りします。様々なジャンルの書籍を紹介する「読書」や写真で紹介するリノベーションの成功事例はビジネスにも役立つと好評です。

購読者分布

本紙の読者層はデベロッパー、住宅メーカー、流通業等の供給者サイドから、住まいの情報を求める一般のユーザーまで幅広い層に及んでおりますので、不動産の売買、賃貸、あるいは企業のPRなどに関し、きわめて効率の高い宣伝媒体として利用されております。

2012graph

発行部数/95,000部

□発売日/毎週月曜日
□形 態/ブランケット判
□創 刊/昭和35年4月10日

購読のご案内

□年間購読料(郵送)
1年間/18,500円+消費税(送料込み) 前金制
一部売り/324円+消費税(送料別途)
詳しくはこちらをご覧ください。