東京建物、管理会社2社をM&A


 東京建物グループは管理会社2社をM&Aを実施した。スケールメリットを生かした管理サービス品質の向上と、グループの事業拡大が狙い。

 東京建物は3月31日、ビルメンテナンスとマンション管理を手掛ける西新サービス(東京都足立区、大川純一郎社長)の株式約84%を日立ビルシステムから取得、既存分と合わせて89・27%を保有する。

 東京建物アメニティーサービスは4月1日、中銀インテグレーション(東京都中央区、渡辺蔵人社長)のマンション管理事業の一部を吸収分割によって承継する。


公開日: 2017年3月31日